アルゼンチンババアを読んで 

「アルゼンチンババア」 よしもとばなな
母親を亡くした娘と父と父の恋人との物語

長くなるけれど どうしても残しておきたい箇所なので抜粋。

「もしかして父は頭がおかしくなるのかもしれない。
そう思うとひとりっこの私はとてもこわかった。
施設や病院にこまめにお見舞いに行く寂しい自分の姿が浮かんできたのだ。
でも、後からよく考えてみるととてもおかしいことだった。
どうして、お父さんがおかしくなることをまずじっと見つめようとしないで、
いきなり見知らぬ施設を想像してしまったのだろう。
~省略~
・・・それは、昔の人のいうところの呪いではないか。
そんな恐ろしいことを自動的にしてしまうようになってしまっていた。
~省略~
人は死ぬ瞬間まで生きている、決して心の中で葬ってはいけない。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この本は祖母を亡くしたばかりということも手伝って
私の心にすごく響いた。
そして 今まで悩んでいたことの答えが出たような瞬間だった。

私に呪いをかけているのは私かもしれない。

ランディーさんの本にも出てくるけれど、世の中には呪術師がまだまだいるらしい。
いや、そういう職業じゃなくって、言葉で人を呪って本当に呪い通りになるというか。
まぁ それは置いておいて、私はなかなか今まで言葉というものを軽んじていたかもしれない。
「言霊」という言葉を実は私は全然理解していなかったし、信じてもいなかった。
「自分に自信を持って」という言葉も 意味がわからなかった。
なんじゃい。そりゃ。って。

私は祖母が亡くなるとこをどうしても想像した。
それは、祖母が死んでからも、
実はとても苦しかったのではないか。とか、
助けを必死で呼んでいたのではないか。とか、
それは打ち消しても打ち消しても時々沸いてくる、悲鳴をあげるような想像だった。
「そんなに長い時間苦しまずに済んだのだと思います。」
医師の言葉が耳から離れなかった。
そんなにって、どれほどの?私が耐えれるくらいの?

この本を読んで私はようやくわかった。
祖母に呪いをかけていたのは私だった。
そんな苦しんだのでは、という想像はするべきではなかった。
危うく事実でないだろうことを事実として自分の中に作ってしまうところだった。
亡くなったことを勝手に「幸せな死に方」だったとか「辛い死に方」だったとか
振り分けるなんておかしなことだった。

本当にあった 祖母との思い出だけを思い出して偲ぼう。
あの時こうして欲しかったんじゃないのか。とか 祖母が嫌な思いをしたことを想像するのは
自分がかけた呪いだ。

言葉にすると理解しがたいんだけれど、私には目が覚める思いだった。

同様に、私は私にたくさんの呪いをかけていることに思い当たった。
「子供はできないだろう」
「次も失敗するだろう」
「一生 こうして暮らすだろう」

そしてそう思うことをとても軽んじていた。
「事実」を曲げてしまう力があるとは微塵も疑わず。
できない・・と思っていてもできる時はできる。
そういうこともあるだろう。
だけれど そうだろうか。

沢山の友達が言ってくれた「自分に自信を持って!」という言葉。
私は別に自信が無いわけじゃないけれどな・・。
子供ができたらメッチャかわいがるし・・。とか思っていた。
でも、今 ようやくわかった。
「私は絶対子供ができる」
自分に100%そう言ってあげれること。
それが 自信なんだ。

だけれど どうすればいいんだろう。
体力をつければ?サプリを飲めば?
もちろん実行したことが多ければ多いほど自信がつくかもしれない。
だけれど、根本には絶対ある「どうせ、無理ですから」
まずは これから抜け出さないといけない。
これが 病理の一つである可能性は・・・たぶんある。
自分に呪いをかけることを 今からはやめよう。

その先は・・まだちょっとよくわからないけれど、
とにかく空元気で全然OKくらいでいこう。

事実は まだ妊娠していないってことだけ。
事実は 妊娠したいと思っていることだけ。
それ以上にはしても、自分でそれ以下にすることは もうやめて。
[PR]
by yurinekko | 2006-01-12 21:12 | 不妊


<< 本当の姿 やっぱりあるよ。年賀状ネタ。 >>